訪問査定というと、バイクや車の売却を思い浮かべ・・・

MENU

訪問査定というと、バイクや車の売却を思い浮かべ・・・

訪問査定というと、バイクや車の売却を思い浮かべる方も多いかと思いますが、不動産査定の場合も同じく、詳細な査定額を出して貰うために、訪問査定を依頼します。立とえば、立地条件や建物に痛みがないか、間取り、日当たりの状態ですとか、マンションのケースでは共有の部分も見てから、最終的な査定額が算出されます。

 

持ちろん、業者次第で少しずつ査定のポイントが変わり、査定結果も変わってくるでしょうから、何社からか訪問査定を受けておいて、相場を見極めておくことをおススメします。

 

 

 

家を売る為には、まず第一に、いくらで売れるのか、相場を調べます。

 

 

 

それを調べるために不動産会社へ査定を依頼します。

 

依頼するとどういった方法で査定されるのかは、簡易査定と訪問査定の二種類があり、選べます。簡易査定(机上査定)は必要情報さえあれば短時間で査定をしてもらえるもので、一括で査定の依頼をしたいときに効果的な査定方法です。訪問査定では簡易査定時のデータに加え、現地で得た情報が合わさった査定方法となります。
なので、適正価格に近い査定額が期待できるでしょう。

 

 

 

一軒家を手離す時に起こるトラブルの中で頻繁なのは、もう専任媒介の契約をしているのに、知り合いの中から買手をみつけるなどして、不動産業者に相談することなく、売買契約まで完了してしまうなどというケースです。

 

 

 

これは契約違反にあたるため、仲介を頼んでいた不動産業者には宣伝費などのコスト、それに、手数料を合わせたくらいの違約金を納めなければいけません。一般媒介を選んでいれば、不動産業者の仲介以外で買ってくれる人を見つけても、特に違約金などの支払いは必要ありません。

 

 

 

 

 

ただ、専任媒介契約と比べると、熱心に売ろうとはして貰えないかも知れません。物件の査定額を決定する査定基準には、多くの細かな項目がありますが、マンションの場合であればおおよそ二つに分類できます。

 

その一つは地理的な条件で、生活の利便性の高さに付随する周辺環境や景観、あるいは交通機関の充実など、マンションの建っている「場所」に対する評価になります。もう一つが物件自体の査定になります。具体的には、築年数や部屋の間取り、エレベーター(以前はデパートなどでエレベーターを操作するエレベーターガールが女の子の憧れの職業の一つでした)などの設備や共有部分の様子、階層、そして騒音問題や電車などによる振動、部屋の日当たりや方角、十分なセキュリティーがされているのか、などを見ます。

 

このような一つ一つの査定項目を詳細に調べて、査定を行っているようです。

 

いざ不動産査定を受けようと思っても、どれくらいの業者から受ければいいのかと悩んでしまう方も多いでしょう。持ちろん、環境によっても変わってきますが、少なくとも三社には査定をお願いした方が良いでしょう。

 

あまりにも少なければ相場が掌握できないので、ひょっとすると、相場より低い査定額の仲介業者を選んでしまうかも知れません。

 

しかし、業者が多すぎても絞り込むのが困難になるため、まずは三社の査定を受けてから、査定を続けるかどうかを決めるのが良いでしょう。

 

普通、不動産査定については二種類の方法があります。

 

仲介業者が現地へ赴き、直接査定ポイントを目視した上で査定結果を決める「訪問査定」という方法と、現地へは行かず過去の取引データや周辺にある類似物件の相場、物件情報を参考にして査定額を決める「簡易査定(机上査定)」があります。

 

査定額が算出されるまで数日は必要になる訪問査定ですが、査定額は信用できます。
反対に、査定額が算出されるまで1時間もかからずスピーディーなのは簡易査定ですが、精度の高い査定は期待できません。売りたい不動産物件の一部の壁紙に剥がれやカビがある場合や、専門業者でも綺麗にできないような汚れや傷みが発生しているのなら、リフォームして劣化を改善すれば査定額を上げることができるかも知れません。

 

ただ、リフォーム前の査定額とリフォーム後の査定額の差額が、リフォーム代金より低くなってしまって結果的に損になることもあるので、先に業者に訪問査定をお願いし、実際の物件を見てもらってから今後のリフォームの相談をした方が良いでしょう。

 

 

一定の期間中に売却できなかった場合、設定金額で業者が物件を買い取るというのがいわゆる不動産仲介業者による買取保証システム(買取保証制度)と呼ばれるものです。

 

 

先に業者による買取額を決めておくため、資金のめどがつきやすいという利点はあるものの、仲介で売却し立ときよりも安くならざるを得ないという短所はあります。

 

持ちろんこのサービスは任意ですので、よく検討してから決めた方が良いでしょう。今後、不動産物件の売却を考える方へ売却の流れをご説明します。始めに、査定をしなければなりません。

 

仲介業者を選んでお願いしましょう。

 

こうして出された売却予想価格で良ければ、次のステップです。

 

 

 

次は、会社が広告を出して買主が現れるまで待ちます。買手が現れないと、値下げ交渉に入ったり、買手が決定するまで長い時間がかかるケースもあります。買いたいという人が現れたら、売却金を支払ってもらえるでしょう。
簡単な説明になりましたが、参考にしてみてちょーだい。

 

 

大抵は、不動産の任意売却の話を耳にすると、利点をまんなかに解説されることになりがちなのですが、あまり語られないだけで、マイナスの要素も少なくありません。任意売却の場合、競売などのような強制売却ではありませんから、いくつかの手つづきをおこなわなくては売却ができません。
金融機関との話し合いや交渉、手つづきは絶対にしなくてはいけないですし、内覧会への立ち会いなども必要なので、競売に比べてまあまあの手間がかかってしまいます。しかもなんと、これだけの手間が必要でありながら、売れないこともあるでしょう。

家を売るなら無料一括査定が絶対お得!

家やマンション等の不動産を売る場合、不動産業者によって査定価格も売却に関する実績、知識、スタンスも違います!
不動産の売却で後悔しないために、無料の一括査定を利用しましょう!

 >> 不動産の無料一括査定はこちら

不動産の一括査定

イエウールは日本最大の不動産一括査定サイトです。
たった1分の簡単入力で、1200社以上の中から最大6社の不動産業者に無料査定が依頼できます。