物件の売却に興味があるけれど、いまいちやり方が・・・

MENU

物件の売却に興味があるけれど、いまいちやり方が・・・

物件の売却に興味があるけれど、いまいちやり方が分からない、という方のために、査定から売却完了までの段取りを見てみましょう。まずは売却予定の物件を査定して貰います。

 

 

 

こうして出された売却予想価格で良ければ、次のステップです。

 

 

 

契約した後は会社が広告を出し、買手を捜してくれるでしょう。

 

ただし、なかなか購入希望者が出てこないと、必然的に価格を下げられたり、半年近く売れないこともあります。

 

買いたいという人が現れたら、売却金を支払ってもらえるでしょう。

 

 

 

こみたいな流れを頭に入れておくと、計画がたてやすいと思います。

 

マンションの売却が完了してからよく出るクレームは、「瑕疵担保責任」に関連のある内容となっています。売却が済む前には、素人目ではチェックしきれなかった破損、欠陥などが、売却後に発覚してしまった場合、それに対する責任を負う必要が出てくるのです。

 

 

しかし、次の入居者が原因(どうがんばってもわからないことも少なくありません)にもかかわらず、売った側に責任を求めてくる場合もあるといいます。どちらの責任になっても利害関係の存在しない第三者に供にいてもらって、動画や写真に記録すると要らぬ問題の発生を防ぐことが可能となるのです。もし一定期間内に売却の見込みがたたなかった際、物件を業者が買い取るという条件をつけたものが、不動産会社独自の買取保証システムというものです。

 

 

買手がつかなくても、決められた期間に決められた金額で買い取ってもらえるので、資金的なプランニングは容易ですが、中古市場の相場とくらべると金額的に劣るという欠点はあります。会社ごとに条件はちがいますし、付加するかどうかは売り主側が決めることですから、それで本当に良いのか見極めてから決めるべきです。

 

共有名義の場合はよく相談して頂戴。

 

一戸建てを売却するには、最初に複数の不動産屋に売却物件の査定を依頼します。条件などを考慮して、適切な業者と契約を結びますが、人によっては、選んだ業者に直接買取をおねがいするケースもあるようです。と言っても、ほとんどの場合は、不動産業者と媒介契約を交わして、買い手との仲介を依頼することになります。

 

というのも、買取の場合では査定対象には建築物が含まれないケースが大半で、土地の価格のみになって損をしやすいからでしょう。

 

 

不動産査定の方法は訪問査定と机上価格査定に大別できます。

 

 

訪問査定とは、その名の通り現地で物件を直接見て細かい査定をおこなうことをさします。机上価格査定では、物件の情報だけを頼りに査定額を出しています。物件情報、同地区にある売り出し中の物件相場、あるいは類似物件の販売経験などにより簡易査定を行っています。やっぱり、机上価格査定は訪問査定ほど正確な査定額は算出できませんが、おおよその相場をしる上では適当な方法だと言えるでしょう。

 

不動産の査定額はどのように算出されるのでしょうか。一般的に、土地の相場や同類の物件の売却経験などによって決められることが多いようです。

 

 

 

一般的な査定ポイントのほかに、その不動産会社だけの具体的な査定基準は微妙にちがうので、会社によって査定結果に差が生まれるのです。

 

 

算出された査定結果について、不動産会社は明らかにしなければならないと宅建業法が定めています。

 

 

 

提示された査定額について詳しく知りたい時には積極的に質問し、疑問を解消しておくことをおススメします。

 

 

 

イロイロな都合があってなるべく早く物件を売りたいときは、次の2つの方法が一般的です。まずは直接買取が可能な不動産業者を見つけ、買い取ってもらう方法で、これなら仲介手数料も発生しません。

 

もう一つは人目に止まるよう売り出し価格を下げて早々に売り切るという選択肢です。

 

ただ、どの方法であれ、市場価格と較べると結構安くなるわけですから割り切りも必要ですし、綿密な計算も必要です。マンションが売れない理由として考えられることをいくつか挙げてみます。まず、他のマンションと比較して価格が高く設定されすぎているのかも知れません。

 

 

 

割高になってしまっていたら、たとえ内覧会を開催したとしても訪れるお客様の人数は少数になります。

 

 

早急に価格の見直しをしなくてはいけません。また、不動産会社の担当者がマンション販売における販促活動を怠けている事例です。仲介契約を結ぶ時点で、ちゃんとレインズに登録されているか確認を怠らないようにしてください。

 

 

 

売却物件の査定を受け、説明を聴く時には、査定金額のみならず、諸経費等を引いた手取り額はどれだけあるのか、ちゃんと明らかにしておくことです。

 

 

 

売却額が大きいほど諸経費の支払いも大きいものです。

 

 

 

主な支出だけでも、不動産会社に払う仲介手数料、印紙代、所得税と住民税、登記抹消費用などがあげられるのです。この譲渡所得税ですが、他の所得とは別に申告する必要があります。不明点や疑問に思うことがあれば税理士(企業や個人などの依頼を受けて、税金に関する相談にのったり助言をしたり、書類の作成、会計帳簿の代行や申請などを行う税務の専門家です)に確認したり、説明を受ける際に供に行ってもらうという手もあります。

 

 

ちょっとした豆知識ですけれども、家の見積りをする不動産業者がまともな会社かどうか推測する手段のひとつに免許番号があります。担当者の名刺に宅建取引業の免許番号の掲載がなければ、認可のない違法な業者かも知れません。
国土交通大臣や都道府県知事の名の次にあるカッコつきの数字が更新回数を示し、更新は3年に一度ですから、多いほど老舗ということになります。

 

ただし、例外もあり、別の都道府県に移転したり、2県以上に営業所を増設する場合も数字が1からはじまりますから、数字イコール営業年数と断言できるものではないです。

 

ただ、許可のない業者は信用しないで頂戴。

家を売るなら無料一括査定が絶対お得!

家やマンション等の不動産を売る場合、不動産業者によって査定価格も売却に関する実績、知識、スタンスも違います!
不動産の売却で後悔しないために、無料の一括査定を利用しましょう!

 >> 不動産の無料一括査定はこちら

不動産の一括査定

イエウールは日本最大の不動産一括査定サイトです。
たった1分の簡単入力で、1200社以上の中から最大6社の不動産業者に無料査定が依頼できます。